稲畑香料株式会社

会社概要

会社概要 海外拠点・関連会社 事業部紹介 取扱素材
国内拠点マップ お問い合わせ 採用情報 品質・環境への取り組み
本社外観
会社概要 沿革 創立者プロフィール
 
会社概要
名 称 稲畑香料株式会社 INABATA KORYO CO.,LTD.
本社・工場 〒532-0027大阪市淀川区田川3丁目5番20号
TEL:(06)6301-8931(代) FAX:(06)6301-0378
東京オフィス
(営業)
〒103-0012東京都中央区日本橋堀留町1丁目3番21号
サンヨー堂日本橋ビル5階
TEL:(03)3664-9161(代) FAX:(03)3664-9166
(研究) 〒103-0024東京都中央区日本橋小舟町5番6号
関東工場 〒300-2521茨城県常総市大生郷町6140番地4
TEL:(0297)24-4581(代) FAX:(0297)24-3114
創 立 1926年(大正15年)4月19日
資本金 2238万円
年 商 55億円
従業員 180名
役 員
代表取締役社長
稲畑讓二
取締役 稲畑勝弥
(フレーバー事業本部長)
取締役 竹内昌則
(製造事業本部長)
取締役 湯川智之
(フレグランス事業本部長)
社外取締役 大石英夫
社外取締役 千葉信一郎
監査役 小賀達郎
執行役員 大倉修
(香料事業部研究開発)
執行役員 王 哲
(中国支援室長・関連会社統括)
執行役員 押部健司
(食品事業部長)
執行役員 松村晋一
(ナチュラルプロダクツ事業部長)
取引銀行 みずほ銀行、三井住友銀行、商工組合中央金庫、池田泉州銀行、
大分銀行、日本政策金融公庫

上部に戻る

 
沿革
1890年(明治23年) 故稲畑勝太郎が京都市で稲畑染料店を創業。
合成染料の直輸入貿易を開始
1897年(明治30年) 本社を大阪に移転。フランスより香料の輸入を開始。
1918年(大正7年) 組織を変更して株式会社稲畑商店(現在の稲畑産業株式会社)を設立。
1926年(大正15年) 株式会社稲畑商店の香料部門が独立。社名を合資会社稲畑香料店とし、香料の直輸入、製造販売を行う。
1943年(昭和18年) 社名を「稲畑合資会社」に改称。
1947年(昭和22年) 塚本工場(現在の本社工場)を建設。
1966年(昭和41年) 合資会社より株式会社に組織を変更。
社名を「稲畑香料株式会社」に改称。
1988年(昭和63年) 関東工場を建設。
1994年(平成6年) 本社工場(現在の大阪工場)を新設。
1999年(平成11年) ISO9001認証取得
2002年(平成14年) ISO14001認証取得
中国・浙江省にAMBROSIA嘉興工場設立。
2012年(平成24年) 大阪本社クリエイティブセンター新設。
2013年(平成25年) FSSC22000認証取得(関東工場)

上部に戻る

 
創立者プロフィール
創業者、稲畑勝太郎は、文久2年(1862)10月30日京都で生まれた。
明治10年(1877)、京都府が選出した欧州への留学生の一人として、染色研究のため渡仏した。リヨン工業学校で染色を勉強のかたわら、工場で実地の修業も積み、リヨン大学で化学を習得したのち、明治18年(1885)に帰国した。京都府、次いで京都織物株式会社に奉職したのち、明治23年(1890)自立して稲畑染料店を創業し、染料、化学製品の輸入に従事した。明治30年(1897)本社を大阪に移し、欧州、特にフランスから香料、ワイン、雑貨、機械などの輸入を開始した。大正7年(1918)稲畑染料店を稲畑商店に組織変更。
大正11年(1922)大阪商工会議所会頭に就任し、以後12年間、大阪の経済、工業界のため尽力した。その間、貴族院議員に勅撰され、勲3等瑞宝章を昇授された。また、民間外交にも寄与し、関西日仏学館、日仏文化協会を設立などして、その功績によりフランス政府から最高級レジオン・ドヌール勲章グランクロアを授与された。昭和24年(1949)3月29日、88歳でその生涯を閉じた。
稲畑香料株式会社の創立者稲畑二郎は、明治21年(1888)3月4日東京で生まれた。大正2年(1913)東京帝国大学(現在の東京大学)独法科を卒業後、稲畑商店(現在の稲畑産業株式会社)の副社長、会長、日本染料製造株式会社の社長、住友化学株式会社の取締役を歴任し、染料、化学工業の発展に寄与した。大正15年(1926)合資会社稲畑香料店を設立、稲畑商店香料部の業務を承継した。日仏貿易の振興に貢献し、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章コマンドゥールを授与された。昭和41年(1966)年2月6日、77歳で死去した。

上部に戻る


Copyright INABATA All rights reserved. GO TO TOP